蜂の巣駆除は大変なのか?アシナガバチの特徴等について

蜂の巣を駆除する上で気をつけて欲しいことは、自分自身で無理だと思ったら決して無理をしないことです。私自身もアシナガバチの巣を見つけて一度鈍器で叩いて叩き落としたことがあるのですが、アシナガバチが怒る形になり、派手に刺されたことがありました。このことから、まず蜂の巣を見つけても絶対に刺激してはならないことです。

年間でのアシナガバチの性質変化について

アシナガバチの女王は4月~5月にかけて、冬眠から目覚めます。冬眠の場所は木の割れ目・石のすき間のほか、巣の場所によってはそこに留まったまま越冬することもあります。実はこの時に駆除してしまうのが一番最適であるのです。女王蜂は冬眠から目覚めると元の巣の場所に戻ってきて、他の女王蜂とともに密集して過ごします。4月後半から5月に入ると、それぞれ飛び立ち新しい巣を作り始めていく形になります。6月には働き蜂が羽化するようになり、7月には巣作りが本格化します。敵に対して攻撃することが最も多いのが、この6~7月頃のアシナガバチです。私もこのころにかけてアシナガバチの巣を無理矢理駆逐しようとして失敗して刺される結果になりました。スズメバチの1年に比べてアシナガバチは活動期間が短く、8月後半から9月には活動を一切しなくなります。巣に留まってじっとしているようになり、触っても刺したり、攻撃してくることはほぼありません。そして越冬する女王蜂以外は冬の寒さに耐えられず、そのまま死んでしまいます。

アシナガバチの雄・雌の比率とは?分業の仕組みから見分け方について

ひとつの巣で暮らす蜂の数は、多くても100匹程度といわれています。スズメバチ同様、繁殖期になるまで雄が生まれてくることはありません。雄と雌の比率を、やはり大半を雌が占めている点も同じです。ただし働き蜂として飛び回る雄がいるという点で、その分業方式が異なっています。雄の体色は全体的に雌より薄く、体の大きさも雌のほうが雄よりもがっちりした体格をしています。

アシナガバチの攻撃対象

アシナガバチの主な捕食対象は、毛虫・青虫といった動きの鈍い昆虫です。アシナガバチは小回りの利いた動きや素早い飛行が苦手のため、単独で飛んでいる個体が人間を刺すことはほとんどありません。もし人間を刺す場合は、他の多くの蜂と同じく、「人間から手を出した場合」「誤って巣に近づいた場合」といったケース等が考えられます。アシナガバチはスズメバチなどに比べて巣の規模が小さく、開けた場所ならどこにでもつくっていく性質があります。巣は民家の壁・庭といった場所にもみられ、人間の生活圏につくられる場合も少なくありません。また、その位置も人間の目線より低い位置につくられる例が多く見られます。このため、家や庭にできた巣に気付かなかった結果、蜂が危険を感じる距離まで近づいてしまい、刺されてしまうのです。事実、庭の剪定作業や掃除の最中、木々の間にできていた巣に触り、刺されてしまうというケースが毎年、多く発生しています。

アシナガバチの特徴的行動

アシナガバチは、自身の生まれた巣を非常によく記憶しています。冬眠を終えた新女王蜂がもとの巣に戻ってくるのはその一例ですが、つくっている最中の巣を失った場合、アシナガバチは同じ場所にもう一度巣をつくっていく場合があります。駆除する際、生き残りがいると、巣が撤去された場所にまたやってきて同じようにつくりなおします。また、駆除に使われた殺虫剤のせいで近寄れず、つくりなおすことができない場合でも、その付近に密集して留まっていることがあります。以上のことから、アシナガバチの行動を十分に把握して、巣を駆除する前の予備知識として、特徴等の把握に努めてください。